57625 normal 1487070943 img

KITハッカソン2017春 開催!

2017-03-18(土)13:00 - 2017-03-20(月)18:00

KITアントレプレナーズラボ

石川県野々市市扇が丘7-1 南校地12号館1階 アントレプレナーズラボ

大窪 祐顕 masayan 久保田 HISASHI YANAGISAWA Ryoko Sakurai 前田隼人 Daiki Ishizuka Kosei Demura Omihito Matsushita Satoshi Murata 寺田恵太郎 高田裕也 Kunimasa  Kawasaki Motoko Nakazawa カメ/セパ 阿久津幹 + 41人の参加者
申し込む

申し込み受付は終了しました

今後イベント情報を受け取る

参加費無料

大テーマ:オリンピック!

2020年に開催される東京オリンピックに合わせて,各所・各分野において準備が始まろうととしている.ハード面・ソフト面・IT面でどのように金沢がオリンピックに貢献していくのかを,CfK(Code for Kanazawa)との協力体制の中でシビックテックの要素をいれて実施する.

  • 3月17日は事前勉強会的にプレイベントを開催!
    • Softbank (Pepper)、Microsoft (Hololens)等

スケジュール

  • 三日間のスケジュールですが,途中退出・途中参加も可能です!

3月18日(土) 13:00〜18:00

講演会&アイデアソン

  • 基調講演
    • 講演タイトル:「オリンピックを地⽅から盛り上げる」(仮)
    • 講演者:⽂部科学省スポーツ庁 オリンピック・パラリンピック課⻑ 勝⼜正秀⽒
  • 招待講演
    • Code for Kanazawa代表 福島健一郎様
    • 日本マイクロソフト株式会社 エバンジェリスト 業務執行役員 西脇 資哲氏様
    • 情報共有コミュニティー「マルレク」主宰者(初代稚内北星学園大学学長) 丸山不二夫様
  • 基調講演を実施後にアイデアソンを実施します.
  • 夕方にはアイデアに関する発表会

3月19日(日)〜3月20日(月)10:00~18:00※最大23:00まで各チーム延長可能

  • 3/19の午前中は情報提供企業からのインプット
  • 二日間のハッカソン
  • 3/20の夕方には発表会

ハッカソン具体的テーマについて

  • ハード面
    • 施設(練習場を含む)の設置
    • 道路・観光・インフラ整備
    • BIM/CIM
    • IoTの役割
  • ソフト面(コンテンツ面)
    • おもてなしを海外の人に伝える方法とは?
    • 金沢における観光に関して,どのようにアピールするべきか?
    • シビックテック(自らの手で自分の地域を便利にする)による地域の改善とは?
    • 金沢市でオリンピックを楽しむためには何を必要?
    • 東京中心でなく金沢でのオリンピックを迎える利点とは?
    • 金沢市城北地域の総合プールの新設と最大有効利用方法とは?

チャイルドハッカソン

  • 5名程度までですが・・
  • 参加者のお子様には探究型プログラミング学習tanpro-labの環境を提供します.
  • お子様連れでも安心して参加できます.
  • 対象は幼児から小学生まで
  • 会場はハッカソン会場の一角で行います.
  • LittleBitsを使ったプログラミング教育
  • 裏ハッカソン! (大人や大学生には負けられない戦いがそこにはある)
    • 子供たちのアイデアが世界を制する.

過去のKITハッカソン

-KIT Hackathon Vol5 過疎地をアップデートせよ!
-KIT Hackathon Vol4 近未来の小学校を創造せよ
-KIT Hackathon Vol3 マイマンバーとIoT
-KIT Hackathon Vol2 北陸新幹線開通後の「そして」を担う
-KIT Hackathon Vol1 タイトルなし

コミュニティについて
KIT ハッカソン

KIT ハッカソン

金沢工業大学が実施する KITハッカソン.

メンバーになる